血管・細胞

item34
タンパク質が通路になる
分子が細胞内に入る
受容体に分子が入る

能動輸送

濃度の低いところから高いところへと物質を移動させる場合には、ATP(アデノシン三リン酸)がエネルギーを供給する。分子が細胞膜の受容体に結合すると、受容体のタンパク質が変化して、分子を通す通路になる。分子はこの道路を通って細胞の中に入る。

item3
item20
輸送機構
単純拡散
分子
細胞膜
(濃度が低い)
(濃度が高い)
細胞外
細胞内

item37
血液脳関門

脳の毛細血管

内皮細胞

水、酸素、ブドウ糖

アストロサイト

ニューロン

脳脊髄液

血液の流れ

item9

動脈の構造

酸素がなければ、身体にある細胞はすべてあっという間に死に絶えてしま鵜。肺で酸素を受け取った血液は、下図のよYな筋肉の厚い壁を持つ動脈から、細動脈と呼ばれる細い動脈に入る。細動脈は、毛細血管を介して静脈系につながっている。血液は、酸素のほかに栄養分や老廃物も運ぶ役目を持つ。感染と闘う、出血を止めるなどの特殊な役目を持つ血液成分も含まれている。

中膜

筋細胞と弾力のある線維が重なりあった膜。太い動脈の中膜は厚い。

内皮細胞

血管内膜の内側を作るこの層には、平らな内皮細胞が並んでいる。

血小板

固形の血中成分の中では最もちいさい。傷ついた組織からの出血を止める働きを持つ。

白血球

白血球の主な役割は、感染から体を守る事。

内皮下層

内皮細胞とともに血管内皮を作る層。タンパク質の線維を豊富に含む結合組織で出来ている。

赤血球

血液が赤いのは赤血球のため。赤血球は組織に酸素を運ぶ。

血漿

血液の半分以上を占める薄い黄色の液体を血漿という。血漿には、栄養素、ミネラル、水、タンパク質が含まれている。

白血球

栄養血管

動脈の壁にある栄養分を送る血管

弾性膜

一部の血管では、外膜と中膜の間に柔軟な膜がある

糖尿病(メルクマニュアル医学百科)
国際医学情報センター
(財)東京都予防医学協会
item3a1
細胞の構造
核 核は細胞の管制塔で、その主成分は、クロマチン(細胞の遺伝物質であるDNA(デオキシリボ核酸)を含む粒子状の物質)とタンパク質。核の中にある核小体は、RNA(リボ核酸)とタンパク質でできている。核は、核膜と呼ばれる孔のあいた二重膜に包まれている。
中心小体 中空の管のような器官で、1個の細胞の中に2個ある。細胞分裂に重要な働きをする。
ミトコンドリア アデノシン三リン酸(ATP)と呼ばれる、細胞のエネルギー源となる物質をつくる器官。
小胞体 細胞内の物質輸送にかかわる器官。粗面小胞体にはリポソームがついている。滑面小胞体では脂質がつくられる。
リボソーム 小さな顆粒状の器官。タンパク質の合成に重要な役割を持つ。
ゴルジ装置 平らな袋が重なった形をした器官で、小胞体が出したタンパク質を受け取って加工する。加工されたタンパク質は、細胞膜から放出される。
微繊毛 小腸の内壁をつくる細胞などの表面にある突起。表面積を広くして吸収しやすくする。
細胞骨格 細胞内部の骨格は、主に2種類の物質でできている。フィラメントはあらゆる細胞にみられる物質で、細胞を支える働きを持つと考えらている。微小管と呼ばれる中空の管は、液状の細胞質の中で物質移動を促すと考えられている。
ペルオキシソーム ペルオキシソームの中でつくられた酵素は、細胞内での酸化反応にかかわる。
核小体 核の中にある小さな器官で、リボソームの産生に重要な役割を果たす。
小胞 細胞がつくり出した酵素などさまざまな物質が入った袋。袋の中身は、細胞膜から外に放出される。
液胞 細胞内にとり込まれた物質や老廃物や水を運んだり蓄えたりする袋。
細胞膜 細胞の中身を包み込む膜で、細胞内外への物質の移動を調節する。
リソソーム リソソームが持つ協力な酵素は、細胞内に侵入した危険物(細菌など)を分解するほか、有害物質や役目を終えたオルガネラを処理する。
item6
染色体 細胞が分裂するときにはDNA(遺伝物質)が複製され、染色体と呼ばれるX字形のコイルのような物質ができる。
・人体の約7割は「水分」そして、人体は「血液」で動いています

細胞外の分子

分子が細胞内に運び込まれる

item12a

膜輸送 タンパク

細胞膜

促進拡散

膜輸送タンパクが細胞膜の外側にある大きな分子と結合すると、膜輸送タンパクが変形して細胞の内側に向けて口を開く。膜輸送タンパクには様々な種類があり、それぞれが特定の物質だけを運ぶ。

item18

静脈の構造

静脈の壁はやわらかかうて薄く、多量の血液が流れ込むと拡張する。酸素を放出した後に心臓に向かう静脈血の圧力は低い。静脈血が逆流する事なく心臓に届くよう、静脈のあちこちには逆流防止弁がある。

毛細血管のネットワーク

動脈と静脈は、毛細血管を介してつながっている。毛細血管は互いにつながって網の目状に広がっている。この網の目の大きさは、組織によって違う。毛細血管の壁は薄く、物質をよく通すため、血液と組織細胞との間で栄養素や酸素を含んだ液体や、老廃物を交換出来るようになっている。A

弾性膜

一部の血管では、外膜と中膜の間に柔軟な膜がある

内皮細胞

弾性膜

中膜

血管の枝

毛細血管

外膜

タンパク質でできた膜で、神経、血管とリンパ管が通っている

静脈弁

内皮下層

細動脈

細静脈

栄養血管

動脈の壁にある栄養分を送る血管

IWIWF014420S1
item1a
免疫力は健康の要
T2a1a4
血液と
T2c1b
宇宙と
T2c1a2
水と人体と
T2c1a1b
水分子の世界①と
T2c1a1a4
水分子の世界②と
T2c1a1a1b
水分子の世界③と
T2c1a1a1a1
薬という治癒と
IWIWF063094S1b
生活習慣病と
IWIWF063094S1a2
においと
IWIWF063094S1a1b
加湿オゾンと
IWIWF063094S1a1a2
無氷結と
IWIWF063094S1a1a1b
腐らない水と
IWIWF063094S1a1a1a2
突発性難聴と
MAgf2110038906S1
T2a2b
血管とリンパと
T2a1a2a
リンパと
T2a1a3a
人体は4種の
T2c1a1a2a
生命誕生と
T2c1a1a3a2
リンパ・他と
T2c1a1a3c
原子と細胞と
T2c1a1a3b1
骨と腎臓と
T2c1a1a3a1a
血管・細胞と
MIL83019S1a2
MIL83019S1a1a
MIL83019S1b1
団体・研究
T2a1a1b
免疫力と
T2a1a1a1
HOME
T2a2a1
東洋医療と
IWIWF063094S1a1a1a1a
白内障と
人体水分研究所
ご質問、ご意見、ご相談は、アドレス: info@jintaisuibun.com へメールをお送り下さい
人体にとって最も安全で安心な健康な免疫溶液となるよう研究を続けています
リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分
骨と腎臓と人体水分
原子と細胞と人体水分
生命誕生と人体水分
宇宙と人体水分
水分子の世界①と人体水分
水分子の世界②と人体水分
水分子の世界③と人体水分
薬という治癒と人体水分
免疫力と人体水分
血管とリンパと細胞と人体水分
水と人体と人体水分
血管と細胞と人体水分
item6c
item6b2
item6b1b
item6b1a2
item6b1a1b
item6b1a1a2
item6b1a1a1b
item6b1a1a1a2
item6b1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
リンパとそのはたらきと人体水分
血液と人体水分
人体は4種のアミノ酸と人体水分
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
白内障と人体水分
東洋医療と人体水分
糖尿病(メルクマニュアル医学百科) 国際医学情報センター (財)東京都予防医学協会 宇宙と 水と人体と 水分子の世界③と 薬という治癒と 生活習慣病と においと 加湿オゾンと 生命誕生と リンパ・他と 骨と腎臓と 血管・細胞と リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分 骨と腎臓と人体水分 原子と細胞と人体水分 生命誕生と人体水分 宇宙と人体水分 水分子の世界①と人体水分 水分子の世界②と人体水分 水分子の世界③と人体水分 薬という治癒と人体水分 免疫力と人体水分 血管とリンパと細胞と人体水分 水と人体と人体水分 血管と細胞と人体水分 リンパとそのはたらきと人体水分 血液と人体水分 人体は4種のアミノ酸と人体水分 白内障と人体水分 東洋医療と人体水分