item7a
 血管を流れる血液は、白血球と赤血球、そして、血小板、リンパ球、好酸球、好中球、単球、好塩基球があります。これらは水分子のエネルギーの影響を受けて活発化します。また、血液は、4〜5分で人体を一周します。
血液は、生命を維持する為に、絶対欠かせないものの一つです。その為、人体には隅々まで血管がはり巡らされています。

リンパ球

好中球

単球

好酸球

好塩基球

血小板

赤血球

白血球

血 液

item12
item13
item14
 脊椎動物で唯一、ほ乳類の赤血球は、通常の細胞には有るはずの「核」がない。さらに、ミトコンドリアや小胞体などの構造物もない。細胞内に有るのは、「ヘモグロビン」を多く含む細胞質のみである。このため赤血球は、柔軟に形を変えることが出来、細く曲がりくねったもう左右血管も通り抜けられる。自らの大きさより狭い猛左右血管でも簡単に通り抜けられる。また、くぼみのある真ん中は、同一体積の球体より広い表面積をもち、酸素を受け取る上でも都合の良い形態である。
白血球(単球)
赤血球
白血球(好中球)
血管内皮をすりぬける好中球
item6
item2

(A)赤血球は、中央がへこんだ円盤形をしている。酸素の運搬体であるヘモグロビンを含む。

(B)ヘモグロビンは、4個の「ヘロビンタンパク質」と、各グロビンタンパク質のポケットにおさまった「ヘム」からなる。酸素分子は、ヘムの中央にある鉄眼氏と結合するので、1個のヘモグロビンは最大4個の酸素分子を運ぶ事が出来る。

(C)細胞膜には、赤血球のしなやかさを支える腺維状タンパク質や、ABO血液型を決定する糖鎖などがある。

A.

赤血球の形状

B.

ヘモグロビンの構造

厚さ約2マイクロメートル

グロビン

タンパク質

酸素分子

ヘム

鉄原子

糖鎖(血液型などを決める

C.

赤血球膜の構造

細胞外

細胞内

膜を裏打ちする

線維状タンパク質

さまざまな

タンパク質

細胞膜

item24
item25
東京都「東京水」
甲府市「甲府の水」
 しかし、人体水分にエネルギーがなくなると、すみずみまで血液が行き届きません。そこで、「水」ならどれでも良いか、と言うと、実はそうでもありません。人体に合う合わない「水」というのもあります。代表例は、つい最近まで「安全」と言われた、「水道水」  「水道水」はカルキと言われる塩素を基本とする、いわゆる消毒剤ですが、一時期随分危険と騒がれ、さすがに、行政も対処し、努力を重ねています。
item20
 病気になっても「薬」のちからで直せると考える人がほとんどです。しかし、「薬」も人体に「水」がなければ、何の役にもなりません。まず、「薬」を摂取するときに水分を必要とし、胃の中で「胃酸」と言う水分があります。
item23
もし、この人体水分が「よごれていたら」

塩酸をつくりだす壁細胞のはたらき

壁細胞は胃腺に口を開けている。その細胞膜にあるポンプ(タンパク質)の働きでH(水素イオン)が再妨害に高濃度に分泌される。同時にCI(塩化物イオン)も分泌されるので、胃内に塩酸(HCI)が分泌される事になる。

タンパク質

ペプチド

変性

切断

塩酸

ペプシン

胃液

胃粘膜 (断面図)

胃酸

塩酸(HCI)

壁細胞

 そして、摂取する「水」を変える事で人体は随分健康になります。あとは、食べ物をバランス良く食する食生活を保つ事です。とは言え、なかなか難しいのも事実かもしれません。それでも、人体の約7割は「水」であり、とても大切なものです。「水」は「水道水」のように危険なものが入っていなければ健康維持できるか、と言うと、そういう訳でもありません。「水道水」と「ミネラルウォーター」の違いは、「ミネラルウォーター」は、まず栄養となる成分が混入しているという事です。そして、もう一点、自然の湧き水には「水分子」自体に高いエネルギーを持っているものがあります。
item30
item31
item32
item36a
item35
毛細血管を流れる血液。血液に多種多様な物質が溶けているのは、血液の主成分である水の溶解力が大きいからである。
IWIWF014420S1
item1a1
免疫力は健康の要
T2a1a4
血液と
T2c1b
宇宙と
T2c1a2
水と人体と
T2c1a1b
水分子の世界①と
T2c1a1a4
水分子の世界②と
T2c1a1a1b
水分子の世界③と
T2c1a1a1a1
薬という治癒と
IWIWF063094S1b
生活習慣病と
IWIWF063094S1a2
においと
IWIWF063094S1a1b
加湿オゾンと
IWIWF063094S1a1a2
無氷結と
IWIWF063094S1a1a1b
腐らない水と
IWIWF063094S1a1a1a2
突発性難聴と
MAgf2110038906S1
T2a2b
血管とリンパと
T2a1a2a
リンパと
T2a1a3a
人体は4種の
T2c1a1a2a
生命誕生と
T2c1a1a3a2
リンパ・他と
T2c1a1a3c
原子と細胞と
T2c1a1a3b1
骨と腎臓と
T2c1a1a3a1a
血管・細胞と
MIL83019S1a2
MIL83019S1a1a
MIL83019S1b1
団体・研究
T2a1a1b
免疫力と
T2a1a1a1
HOME
T2a2a1
東洋医療と
IWIWF063094S1a1a1a1a
白内障と
人体水分研究所
ご質問、ご意見、ご相談は、アドレス: info@jintaisuibun.com へメールをお送り下さい
人体にとって最も安全で安心な健康な免疫溶液となるよう研究を続けています
リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分
骨と腎臓と人体水分
原子と細胞と人体水分
生命誕生と人体水分
宇宙と人体水分
水分子の世界①と人体水分
水分子の世界②と人体水分
水分子の世界③と人体水分
薬という治癒と人体水分
免疫力と人体水分
血管とリンパと細胞と人体水分
水と人体と人体水分
血管と細胞と人体水分
item6c
item6b2
item6b1b
item6b1a2
item6b1a1b
item6b1a1a2
item6b1a1a1b
item6b1a1a1a2
item6b1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
リンパとそのはたらきと人体水分
血液と人体水分
人体は4種のアミノ酸と人体水分
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
白内障と人体水分
東洋医療と人体水分
宇宙と 水と人体と 水分子の世界③と 薬という治癒と 生活習慣病と においと 加湿オゾンと 生命誕生と リンパ・他と 骨と腎臓と 血管・細胞と リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分 骨と腎臓と人体水分 原子と細胞と人体水分 生命誕生と人体水分 宇宙と人体水分 水分子の世界①と人体水分 水分子の世界②と人体水分 水分子の世界③と人体水分 薬という治癒と人体水分 免疫力と人体水分 血管とリンパと細胞と人体水分 水と人体と人体水分 血管と細胞と人体水分 リンパとそのはたらきと人体水分 血液と人体水分 人体は4種のアミノ酸と人体水分 白内障と人体水分 東洋医療と人体水分