骨・腎臓・心臓

item5
骨の構造

骨膜

骨膜は薄い線維状の膜で、骨の表面全体(ただい関節の内側を除く)をおおっている。骨膜には血管と神経があり、栄養分を供給したり痛みを伝えたりする。

髄腔

ここには血球をつくる骨髄(黄色骨髄)が詰まっている。

オステオン

(骨単位)

緻密質

(かたい骨)

海綿質

(スポンジ状の骨)

静脈

動脈

item9
item23
腎臓の構造
尿は、血液中の不要になった成分を体外へ運び出す

腎動脈

腎臓に血液を供給する腎動脈は、大動脈(体循環のかなめとなる太い動脈)から直接分岐する血管。

腎静脈

腎臓から血液を運び出す腎静脈は、大静脈(心臓に入る太い静脈)に合流する。

尿管

尿を腎臓から膀胱まで運ぶ管。

腎被膜

白い線維組織でできた薄い皮膜が腎臓をおおっている。

脂肪組織

脂肪を含む結合組織のクッションが腎臓と腎血管を取り巻いている。

腎盂

腎盂は漏斗の形をした管で、枝分かれして2〜3本の大腎杯が出ている。

大腎杯

小腎杯が何本が集まって大腎杯をつくっている。

小腎杯

尿は、腎皮質から腎錐体の先端まで流れ、小腎杯に入る。

近位尿細管

糸球体

遠位尿細管

腎錐体

弓状動脈

弓状静脈

腎乳頭

体の先端

集合管

腎皮質

腎髄質

腎小葉間動脈と静脈

ヘンレ係蹄

item14
心臓への血液供給
item15
item16
心臓の骨格
冠状静脈の流れ
メルクマニュアル医学百科
メルクマニュアル医学百科
メルクマニュアル医学百科

左冠状動脈

心臓には、大動脈から出た冠状動脈から血液が送り込まれる。左冠状動脈は2本の大きな枝に分かれる。

動脈枝

分岐した左冠状動脈は、さらにいくつかの枝に分かれる。

冠状静脈

冠状静脈には、心臓の組織への酸素供給を済ませ、老廃物を受け取った血液が流れる。

毛細血管

心臓の細動脈と細静脈の間をつなぐ細い血管。

腱索

これらの線維が、心臓の弁を心臓の壁につなぎ止めている。

上大静脈

大動脈

下大静脈

下大静脈

右冠状動脈

左肺静脈

冠状動脈

大動脈

上大静脈

右肺静脈

冠状静脈洞

肺動脈弁輪

大動脈弁輪

三尖弁輪

僧帽弁輪

右心室

左心室

item7
item20
尿
しみだしている。この時、赤血球や白血球、血小板、サイズの大きいタンパク質成分子等は、血管内に取り残される。こうして液体成分だけが濾過されたものが、尿の前段階である「原尿」です。このあと、原尿から水や糖などの成分が再吸収される。その結果、老廃物であるアンモニアなどが濃縮されて、尿が完成する。尚、一度壊れた糸球体は、再生しないので、何かの原因で糸球体が壊れると腎不全に陥り、人工透析が必要になります。
*1;血液で、血球を除いた液体成分。水分のほかたんぱく質・無機塩類・糖分・脂肪・窒素化合物などからなり、また、老廃物・ホルモン・抗体なども含む。細胞の浸透圧や水素イオンを一定に保つ働きをする。
糸球体をつくる毛細血管の表面は、複数の足細胞によって覆われている。血管内皮二は、多数の穴があいており、その穴と足細胞のの足のすき間、そして、両者にはさまれた「基底膜」(コラーゲンなどの線維でできた膜)の三者が、濾過フィルターの役目を果たしている。このフィルターによって、血管内を流れる血液のうち、液体成分とサイズの小さい分子(ブドウ糖、アンモニア、各種イオン等)だけが濾過されて原尿となる。

副腎

腎動脈

腎静脈

尿管

腎臓

集合管

腎単位

ヘンレのループ

尿細管

糸球体

糸球体

血管内皮

基底膜

足細胞

足細胞

足細胞

足細胞の足

液体成分と、小さな分子だけがろ過される

タンパク質などの大きな分子(血液内に残る)

血管内皮

血液

基底膜

IWIWF014420S1
item1a
免疫力は健康の要
T2a1a4
血液と
T2c1b
宇宙と
T2c1a2
水と人体と
T2c1a1b
水分子の世界①と
T2c1a1a4
水分子の世界②と
T2c1a1a1b
水分子の世界③と
T2c1a1a1a1
薬という治癒と
IWIWF063094S1b
生活習慣病と
IWIWF063094S1a2
においと
IWIWF063094S1a1b
加湿オゾンと
IWIWF063094S1a1a2
無氷結と
IWIWF063094S1a1a1b
腐らない水と
IWIWF063094S1a1a1a2
突発性難聴と
MAgf2110038906S1
T2a2b
血管とリンパと
T2a1a2a
リンパと
T2a1a3a
人体は4種の
T2c1a1a2a
生命誕生と
T2c1a1a3a2
リンパ・他と
T2c1a1a3c
原子と細胞と
T2c1a1a3b1
骨と腎臓と
T2c1a1a3a1a
血管・細胞と
MIL83019S1a2
MIL83019S1a1a
MIL83019S1b1
団体・研究
T2a1a1b
免疫力と
T2a1a1a1
HOME
T2a2a1
東洋医療と
IWIWF063094S1a1a1a1a
白内障と
人体水分研究所
ご質問、ご意見、ご相談は、アドレス: info@jintaisuibun.com へメールをお送り下さい
人体にとって最も安全で安心な健康な免疫溶液となるよう研究を続けています
リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分
骨と腎臓と人体水分
原子と細胞と人体水分
生命誕生と人体水分
宇宙と人体水分
水分子の世界①と人体水分
水分子の世界②と人体水分
水分子の世界③と人体水分
薬という治癒と人体水分
免疫力と人体水分
血管とリンパと細胞と人体水分
水と人体と人体水分
血管と細胞と人体水分
item6c
item6b2
item6b1b
item6b1a2
item6b1a1b
item6b1a1a2
item6b1a1a1b
item6b1a1a1a2
item6b1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
リンパとそのはたらきと人体水分
血液と人体水分
人体は4種のアミノ酸と人体水分
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
白内障と人体水分
東洋医療と人体水分
メルクマニュアル医学百科 メルクマニュアル医学百科 メルクマニュアル医学百科 宇宙と 水と人体と 水分子の世界③と 薬という治癒と 生活習慣病と においと 加湿オゾンと 生命誕生と リンパ・他と 骨と腎臓と 血管・細胞と リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分 骨と腎臓と人体水分 原子と細胞と人体水分 生命誕生と人体水分 宇宙と人体水分 水分子の世界①と人体水分 水分子の世界②と人体水分 水分子の世界③と人体水分 薬という治癒と人体水分 免疫力と人体水分 血管とリンパと細胞と人体水分 水と人体と人体水分 血管と細胞と人体水分 リンパとそのはたらきと人体水分 血液と人体水分 人体は4種のアミノ酸と人体水分 白内障と人体水分 東洋医療と人体水分