メルクマニュアル医学百科
item18
鼓膜の振動は、有毛細胞で電気信号へと変換される
item5
item19
育毛細胞の構造とはたらき

有毛細胞の頂部には、聴毛という毛がある。リンパ液が振動すると、聴毛は曲がる。すると、電荷をおびたイオン(カリウムイオンなど)が育毛細胞内に流入し、電気的な興奮を生じる。興奮した育毛細胞は、隣接する神経細胞の突起へと化学物質を放出する。それを受け取った神経細胞は。電気信号を脳へと伝える。

 そして、問題は、原因が「その他に何が存在するのか」という点です。人体は、ご存知の様に、全く同じ人体はありません。つまり、個々唯一の人体であるという事です。しかし、基本形態、基礎分子は全く同じものです。そしてもう一つ不思議な事は、DNAは突発的に異性分子をもつ人が存在します。つまり、突発性難聴になるという事は、音という原因に、人体の基本と個々の人体を変化させる生活環境全体が原因であるという事になって来ます。また、人体の体温が人体形成に重要な役割をしている点で、生活環境全体による体温変化が重要な引き金になる可能性が高くなります。その理由は、全ての物質は、分子、そして原子、そしてクォーク、そして電位、そして、波長つまり波、というように、全ての宇宙物質は、波の合成によって集合され物質までたどり着きます。 その波の重なりの際に、温度は重要な役割を果たします。そして、さらに、温度が上がると必然的に体内圧力は高くなる、つまり、そこへ圧力が加わると物質変化への道を辿って行く事になります。

 また、非常に大切な点が、頭蓋骨にも因果関係が存在していることです。よく、「骨伝導」という難聴用の器具類で社会的には認知を得ていて、頭蓋骨の振動を利用して音を伝える方法です。この方法で実際に用いられているように、頭蓋骨は非常に、良く音を伝達します。というより、頭蓋骨の内部の脳が、頭蓋骨の振動をキャッチし、耳で聞くという好意の代わりをしている訳ですが、逆の影響もあるという事実です。耳に音の波を伝えている時には、常に頭蓋骨もその振動を受けているということです、但し、頭蓋骨の外部には皮膚細胞や毛類等が覆うっているため、耳のほうが確実に音の波を脳へ伝えています。つまり、音の波の衝撃が強い場合は頭蓋骨でも音を受け取っていますし、内耳自体が耳内部の皮膚にまで振動を伝えるという現象も起こっているであろうことです。この作用反作用は、人体の熱量や圧力によって、どのような影響があるかは化学的情報が少ないため解明には至っていませが、影響が高いことは知られています。例えば、飲酒によって人体が発熱と高圧になることは良く知られています。しかし、音の波に対しての実験が、まだまだ進んでいないという実情です。さらに、音域でも個々の人体で影響度合いがありそうです。一般的に、低温、いわゆるベース音といわれる音域は、波長が長く内耳やその他の音を受ける部位にはゆっくりとして刺激され、揺れが鈍くなって正常にもどるのも鈍いという現象が観られるようです。

 この理由は、物理的であって、医学にはあまり活用されていない様です。結論からすれば、音による突発性の障害は治るはずと言う事になります。その為の原因となる情報を、個々の人体で集約して、対処方法を講ずれば良い訳です。当然、より情報量が多いと対処法も見つかりやすく、対策も増えるはずです。例えば、音に関しては、可逆音の波長で対処してみるのも良い方法と想像出来ます。

 また、その他にも、病的、若しくは、細菌的、外傷的問題がないにも関わらず、耳が聞こえないという突発性にも、何らかのきっかけが、何所に有るかの情報を、より多く集めることで解決出来ることにもなるはずです。

 そして、最も大切なことは、血液が人体の隅々まで、毛細血管を利用して細胞の隅々まで、成分を運び、細胞の生命維持を果たさせている要因は、人体水分の働き以外何者でもないという点です。また、外的危害を加えるものへの対抗はリンパが深く関わり、これにも水分子が影響しているということです。細胞が、本来の細胞活動を取り戻すには、細胞の働きに必要な成分を運び込み、免疫力を高めてということ以外に方法は有りません。確かに、外科的施術を施して部位を交換することも可能かもしれませんが、異性反応障害や、正常な細胞を壊したり等のさまざまな弊害も有ります。さらに、部位交換は、技術的にも簡単には行かないのも事実です。また、仮に施術後に正常化するにも、人体水分による成分生成や伝達によって、免疫力を高めていかなければ細胞は壊れてしまいます。

難聴には多くの原因があります。外耳道や中耳の物理的な問題で音の伝導がさえぎられて生じるものを、伝音難聴といいます。外耳道がふさがる原因は、耳あかのたまりすぎといったよくあるものから、腫瘍(しゅよう)のようなまれなものまでさまざまです。中耳の伝音難聴は水がたまって起きることが最も多く、特に小児の場合によくみられます。耳の感染、アレルギー症状、腫瘍などによって、中耳からの空気や液体の出口である耳管がふさがれると、中耳に水がたまります。難聴は、内耳の感覚器(有毛細胞)、聴神経、脳の聴神経路がダメージを受けた場合にも起こります。これを感音難聴といい、薬、感染、腫瘍、頭蓋の外傷などによってこれらの感覚器や神経が損傷を受けて起こります。伝音難聴と感音難聴が混在した状態も多くみられます。
突発性難聴
pxWaterdropletbluebg05
item4
 つまり、音の波は、高音程短く早い、低音ほど長くて遅い、その波と水滴の波は同じ波です。そして、その結果、低音をより大きな音で、特に身近でという条件を重ねると、耳はある一瞬の波のない状態が起こるということです。この連続性が、大音響で重低音のホールによる耳への影響で、違和感を感じる、若しくは、聞こえにくいと言うことになります。また、微弱なエネルギーの波長は連続態となると超強大化し、極論でいえば恒星をも吹き飛ばすことができるということです。
IWIWF014420S1
item1a1
免疫力は健康の要
T2a1a4
血液と
T2c1b
宇宙と
T2c1a2
水と人体と
T2c1a1b
水分子の世界①と
T2c1a1a4
水分子の世界②と
T2c1a1a1b
水分子の世界③と
T2c1a1a1a1
薬という治癒と
IWIWF063094S1b
生活習慣病と
IWIWF063094S1a2
においと
IWIWF063094S1a1b
加湿オゾンと
IWIWF063094S1a1a2
無氷結と
IWIWF063094S1a1a1b
腐らない水と
IWIWF063094S1a1a1a2
突発性難聴と
MAgf2110038906S1
T2a2b
血管とリンパと
T2a1a2a
リンパと
T2a1a3a
人体は4種の
T2c1a1a2a
生命誕生と
T2c1a1a3a2
リンパ・他と
T2c1a1a3c
原子と細胞と
T2c1a1a3b1
骨と腎臓と
T2c1a1a3a1a
血管・細胞と
MIL83019S1a2
MIL83019S1a1a
MIL83019S1b1
団体・研究
T2a1a1b
免疫力と
T2a1a1a1
HOME
T2a2a1
東洋医療と
IWIWF063094S1a1a1a1a
白内障と
人体水分研究所
ご質問、ご意見、ご相談は、アドレス: info@jintaisuibun.com へメールをお送り下さい
人体にとって最も安全で安心な健康な免疫溶液となるよう研究を続けています
リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分
骨と腎臓と人体水分
原子と細胞と人体水分
生命誕生と人体水分
宇宙と人体水分
水分子の世界①と人体水分
水分子の世界②と人体水分
水分子の世界③と人体水分
薬という治癒と人体水分
免疫力と人体水分
血管とリンパと細胞と人体水分
水と人体と人体水分
血管と細胞と人体水分
item6c
item6b2
item6b1b
item6b1a2
item6b1a1b
item6b1a1a2
item6b1a1a1b
item6b1a1a1a2
item6b1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
リンパとそのはたらきと人体水分
血液と人体水分
人体は4種のアミノ酸と人体水分
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
白内障と人体水分
東洋医療と人体水分
メルクマニュアル医学百科 宇宙と 水と人体と 水分子の世界③と 薬という治癒と 生活習慣病と においと 加湿オゾンと 突発性難聴と 生命誕生と リンパ・他と 骨と腎臓と 血管・細胞と リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分 骨と腎臓と人体水分 原子と細胞と人体水分 生命誕生と人体水分 宇宙と人体水分 水分子の世界①と人体水分 水分子の世界②と人体水分 水分子の世界③と人体水分 薬という治癒と人体水分 免疫力と人体水分 血管とリンパと細胞と人体水分 水と人体と人体水分 血管と細胞と人体水分 リンパとそのはたらきと人体水分 血液と人体水分 人体は4種のアミノ酸と人体水分 白内障と人体水分 東洋医療と人体水分