item5a1

波動グラフ

周波数係数(KH)

蒸留水

健康な人体水分のエネルギー
item89
item14
免疫力は健康の「要」です

アストロサイト

ニューロン

血液の流れ

脳の毛細血管

内皮細胞

水素、酸素、ブドウ糖

脳脊髄液

血液脳関門

脳をよい状態に保つには、脳に入る物質の種類を制限する必要が有る。脳の毛細血管の壁をつくる細胞(内皮細胞)は密に詰まり、毛細血管は、アストロサイト(支持細胞)から伸びる線維で覆われ、この二重のバリアは、酸素、ブドウ糖、水などの分子は通すが、他の多くの分子は通さない。

一般的な地上に存在する水のエネルギーは、4000khzまでに消滅します。しかし、環境条件の変化によっては高いエネルギーを存在させることになります。例えば、自然の湧き水には、地加熱や地下圧力、そして、土壌や岩等地質の影響を受けて「水分子」自体に高いエネルギーを持っているものがあります。
item7b

NK細胞

ウイルスに感染した細胞などを破壊する。

ヘルパーT細胞

B細胞やキラーT細胞に攻撃の

指令を出す。

キラーT細胞

ウイルスに感染した細胞を

攻撃し、破壊する。

B細胞

ウイルスや細菌を無毒化する

抗体を作り、放出する。

 

一部は、将来に備えて作った

抗体を記憶する。

胸腺

未熟なT細胞を選抜し、成熟させてから送りだす器官。

リンパ管

全身にはりめぐらされた免疫細胞の通り道。

リンパ節

リンパ管の途中にある免疫細胞の活動基地。異物排泄もここで行われる。

自然免疫

獲得免疫

異物を取り込みその情報を

T細胞に伝える。

レギュラトリーT細胞

異物の排除が完了したとき、

免疫の反応を終了させる。

免疫系にかかわる器官と免疫細胞

好中球

樹状細胞

好酸球

抗体

帰省中等大型の異物を酵素等で攻撃する。

マクロファージ

異物を取り込み、消化する。

T細胞に異物の情報を伝える。

細菌やウイルスを取り込み、

酵素や活性酸素で破壊する。

item8c
item1a
免疫低下の最大の原因は「加齢」
 T細胞の選抜が出来にくいということは、異物の認識や特定の異物に感染した細胞の破壊が出来にくくなり、免疫低下の原因となっている。また、加齢に伴う皮膚の水分量の現象も免疫力を低下させる原因となる。皮膚は、外界からの異物侵入を防ぐ、自然免疫にとってはなくてはならない「バリア」の様なものです。水分が失われると、細胞間のすき間が広がり、異物が侵入しやすくなります。また、紫外線等の太陽光の侵入が強くなり、皮膚の劣化は、ますます、進行することになります。そして、人体は、一日に約2000ccの水を体外ヘ排出しています。当然、それだけの接種がされなければなりませんが、以外と年齢を増す毎に少なくなっていると言われています。本来、人体の排尿も日常は2時間に一回程度、就寝時は6-8時間に一度は排尿すると言われています。水分接種が少ないと、排尿出来ず再び人体を、再度、巡ると言われ、病気の要因とも言われています。また、水も自然のわき水等、水自体に高いエネルギーを含んでいる方が健体に役立つということは、最近の食品会社からもよく告知されています。
 さらに、日々の生活の中でも、さまざまな免疫低下の要因が多くあります。例えば、皮膚の乾燥やストレスは、粘膜機能が低下して異物が入りやすくなると言われています。また、催眠は、免疫細胞の活性化が大きくなると言われており、睡眠不足が要因の一つとされています。また、タバコ等の有害物質は、肺への免疫対策に大量の免疫細胞が働き、精製される量の多くを使うので、他の異物へ対応しきれない状態をつくっています。さらに、アルコール類は、毒性を持った分解物が免疫系に広く悪影響を与えます。

さまざまな要素が免疫力を下げる

ストレス

粘膜の機能や免疫細胞の活性を低下させる。

乾燥

粘膜の機能が低下し、異物が侵入しやすくなる。

睡眠不足

睡眠による免疫細胞の活性化がおきなくなる。

タバコ

有害な化学物質が免疫細胞の活性を下げる。

アルコール

毒性を持った分解物が、免疫系に広く悪影響。

加齢

免疫細胞の機能低下や数の減少を招く。

遺伝

免疫にかかわる遺伝子の機能の異常など。

免疫と内分泌、神経は連携しあっている

外界からの異物を排除する「免疫」、血中のホルモンを通して生理機能を調節する「内分泌」、神経細胞を通じて筋肉や内蔵に指示を出す「神経」。いずれも身体の異状を防ぎ、状態を一定に保とうとするしくみである。体内の環境を正常に保つために、おたがいに影響しあっている。

免疫

内分泌

神経

免疫力を下げない、もしくは高めるためには?

1. 同一食品の繰り返しはさける

免疫力向上に重要なのは栄養素のバランス.同じ食品を繰り返し食べる事はバランスを崩すことにつながる。

2. 口呼吸よりも鼻呼吸

鼻毛や粘膜などを備えた空間を通して息を吸う事で、ウイルスなどが体内へ侵入する可能性を下げる。

3. 定期的な運動で免疫細胞の活性を底上げ

適度な運動を定期的に行うとNK細胞の活性があがる事が知られる.体力向上は、総合的な免疫力の向上につながる。

4. 生活習慣の見直し

免疫力を低下させる生活習慣(ストレス、タバコ、アルコール、睡眠不足など)を出来るだけさける。

 免疫は、人体が本来持っている「自然免疫と、外界から侵入して来た異物を見極めて特定の抗体をつくったり、特定の感染をした細胞を破壊したりして、効果的に異物を排除する「獲得免疫」があります。これらの二重の防衛反応を担うのは「免疫細胞」と呼ばれ、骨髄の中にある「造血幹細胞」から生まれたあと血管を通して人体のすみずみまで運ばれる。その後、「リンバ管」という免疫細胞が通る管に入って回収される。リンパ管は、集まりながら太くなり、首のつけ根のところで静脈と合流する。
item18a
item19
 リンパ節は、体のすみずみから集められるリンパ液を濾過する装置で、リンパの関所のような所である。体内に侵入した病原体やがん細胞などの異物は、リンバ液の流れに乗ってリンパ節へ運ばれる。リンパ節のなかでは、「リンパ球」や「マクロファージ」などの細胞が待ちかまえている。

ウイルス

ウイルスの分泌物

マクロファージ

マクロファージ

ヘルパーT細胞

指令

指令

B細胞

抗体

攻撃

マクロファージとリンパ球の連係プレー

1.

マクロファージは、ウイルスなどの異物を細胞内に取り込み(食作用)、その分解物を細胞表面に露出させる。

2.

マクロファージはヘルパーT細胞(リンパ球の一種)に異物の情報を教える(抗原提示)。

3.

ヘルパーT細胞は、B細胞(リンパ球の一種)指令をあたえ、抗体を生産させる。

4.

ヘルパーT細胞は、キラーT細胞(リンパ球の一種)に指令をあたえ、ウイルスに感染した細胞を攻撃させる。

キラーT細胞

ウイルスに感染した細胞

リンパ管と

リンパ節

リンパ管

輸入リンパ管

(リンパ節に入るリンパ管)

リンパ節

リンパ節

輸出リンパ管

(リンパ節から出るリンパ管)

水素結合図
item13b
薬やサプリメント等の成分は、本来、人体が免疫という目的で生成していた成分です。しかし、加齢等の変化から生成出来なくなり、異化(病気)が起こり、薬やサプリメント等の成分を摂取する事となります。しかし、人体で生成された成分と異なり十分な効果を発揮されないことが多く観れます。、そして、不足分は免疫力に頼る事になります。この免疫力は人体内の水分子のエネルギー量が高ければ高い程効果が得られます。
IWIWF014420S1
item1a1
免疫力は健康の要
T2a1a4
血液と
T2c1b
宇宙と
T2c1a2
水と人体と
T2c1a1b
水分子の世界①と
T2c1a1a4
水分子の世界②と
T2c1a1a1b
水分子の世界③と
T2c1a1a1a1
薬という治癒と
IWIWF063094S1b
生活習慣病と
IWIWF063094S1a2
においと
IWIWF063094S1a1b
加湿オゾンと
IWIWF063094S1a1a2
無氷結と
IWIWF063094S1a1a1b
腐らない水と
IWIWF063094S1a1a1a2
突発性難聴と
MAgf2110038906S1
T2a2b
血管とリンパと
T2a1a2a
リンパと
T2a1a3a
人体は4種の
T2c1a1a2a
生命誕生と
T2c1a1a3a2
リンパ・他と
T2c1a1a3c
原子と細胞と
T2c1a1a3b1
骨と腎臓と
T2c1a1a3a1a
血管・細胞と
MIL83019S1a2
MIL83019S1a1a
MIL83019S1b1
団体・研究
T2a1a1b
免疫力と
T2a1a1a1
HOME
T2a2a1
東洋医療と
IWIWF063094S1a1a1a1a
白内障と
人体水分研究所
ご質問、ご意見、ご相談は、アドレス: info@jintaisuibun.com へメールをお送り下さい
人体にとって最も安全で安心な健康な免疫溶液となるよう研究を続けています
リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分
骨と腎臓と人体水分
原子と細胞と人体水分
生命誕生と人体水分
宇宙と人体水分
水分子の世界①と人体水分
水分子の世界②と人体水分
水分子の世界③と人体水分
薬という治癒と人体水分
免疫力と人体水分
血管とリンパと細胞と人体水分
水と人体と人体水分
血管と細胞と人体水分
item6c
item6b2
item6b1b
item6b1a2
item6b1a1b
item6b1a1a2
item6b1a1a1b
item6b1a1a1a2
item6b1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
リンパとそのはたらきと人体水分
血液と人体水分
人体は4種のアミノ酸と人体水分
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
白内障と人体水分
東洋医療と人体水分
宇宙と 水と人体と 水分子の世界③と 薬という治癒と 生活習慣病と においと 加湿オゾンと 生命誕生と リンパ・他と 骨と腎臓と 血管・細胞と リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分 骨と腎臓と人体水分 原子と細胞と人体水分 生命誕生と人体水分 宇宙と人体水分 水分子の世界①と人体水分 水分子の世界②と人体水分 水分子の世界③と人体水分 薬という治癒と人体水分 免疫力と人体水分 血管とリンパと細胞と人体水分 水と人体と人体水分 血管と細胞と人体水分 リンパとそのはたらきと人体水分 血液と人体水分 人体は4種のアミノ酸と人体水分 白内障と人体水分 東洋医療と人体水分