item11
item12
 近代社会では病気を治すには、薬を飲みます。薬は、粉剤、錠剤、溶液剤の種類に分類されます。また、薬を利用する時には、皮膚に着ける、飲む、注射で直接注入するの方法になります。しかし、全ての薬が病気に達するには、人体水分を利用しなければたどり着きません。その運搬は血液であり、血管という道が役割を担います。そして、血管内では白血球が大きな病原体を分解や崩壊し、他の老廃物と一緒に運ばれます。また、同時に血管の隣り合わせにリンパが張り巡らされ、血管内から染みだした病原体を吸収しリンパ球によって分解や崩壊をして静脈へ運びます。しかし、問題は薬が病気を治していると誤解されることです。薬は、人体の各細胞の働きを活発にする為の薬物を、血液内の水分と一緒に各部位へ運び、各細胞がその成分を利用して細胞活動を活発化し、白血球やリンパ球等となりながら病原体と戦い正常な細胞組織へと取り戻して行きます。
薬という治癒
MAgf1940013866S
item17
 つまり、大まかに言えば、薬はあくまで病気を治すのでなく、細胞の働きと白血球やリンパ球リンパの働きを助けるという免疫力を高める役割です。そして細胞活性に負けた病気は、免疫が治していくのです。そして、免疫を病気まで運ぶのは人体水分です。
item20
item13
 また、薬という概念は、何々を治すのに効果があった「もの」という物質の成分を集約的に合成、若しくは調合して出来上がった「製品」ということになります。ところが、古代から「くすり」というものは存在しています。それは、食べ物、食べると人体障害を及ぼすもの、極度になると死をもたらすものまで、さまざまなものがあります。
item16
 人体水分は、非常に大切な人体物質です。人体水分に活力を保持出来れば、毎日健康な人体で生活出来ます。摂取する水は、本当に気をつけ過ぎても足りない程の大切な食べ物なのです。そして、その人体水分は、人体の約7割近くも有り、一日平均約2000ccもの量を排出しています。当然、その必要量を接種しなければ、端的に、胃腸弊害がおこり便秘等の弊害もおこすことになります。
さらに、現在でもアフリカの原住民では、「土」をくすりとして珍重します。この週間は、世界中の民族で、当たり前のように施されて来たくすりです。近代医学の世界では、否定的な面々も観られますが、現実、生物が人体へ食物として接種しているものは、直接的であれ間接的であれ、土の養分を接種したものをとり込んでいる事になります。当然色々な消化器官を利用して必要な成分を精製して生物維持を図っていますが、基を正せば、結局、土の養分である
item28
item29
item30
item31
DES01025S
ことには代わりありません。問題は、直接的に土を接種すると、さまざまな微生物や菌類が存在しているため、生命維持のみのモノ以外を体内へ取り入れてしまうという危険が伴っている事です。その点、食物の濾過機能を通して精製された成分や、動物の内臓器官や細胞器官を利用して精製された成分を接種する事は、非常に楽に、必要成分を接種するのに適しているのです。つまり、「薬」というものは、元々食物というものの中に含まれる「生命維持のための成分」だけをまとめてくれたものであるという事です。そして、日頃接種しきれないであろう成分を、補給するサプリメント類もその一部ということになります。
 しかし、重要な点は、日頃の食生活を正しく行っていると病気は少なくなるという事です。とは言え、絶対的計算した食物摂取があるかと言えば、それは不可能なことで、生活環境や自然環境の差がある点、さらに、DNA一つとして全く同じものはこの世に存在していませんから、統計的に図られる処置としての食物摂取ということに他なりません。つまり、誰でも病気になるということです。そして、その病気に対して薬なり、あるいは、外科的処置等、さまざまな処置を講ずる他に方法はありません。
item35
item46
item39
 ただし、最も重要な点は、これら接種される成分は、どのような方法であれ、どのような目的であれ、体内での動きを左右するのは、「体内水分」であることを充分理解して頂きたい点です。植物も地中から成分吸収するには、水が絶対的必要不可欠です。水がなければ枯れてしまいます。どんな生き物も、全て、「体内水分」がなければ生命維持出来ません。つまり、「水」がなければ、「生物」とはなれません。また、体内成分のエネルギー質量が高ければ毛細部までの成分伝達を行います。しかし、エネルギー質量の低い水では毛細部までの成分伝達は不可能です。つまり、人体であれば、病気による血液内のエネルギー質量の低下は部位の壊死を起こすということになります。
item40
item38
 つまり、日頃の成分接種は常用であり、水分補給も常用でなければ人体の生命維持には弊害や障害を生じるということです。日頃の生活の中に適当な食物摂取と、出来る限りエネルギー質量の高い水の適当な量の接種は欠かせません。これが、病気と意識する前に治すしくみで、健康で生活する方法です。
薬の投与法と体内での動き
薬についての基礎知識
IWIWF014420S1
item1a1
免疫力は健康の要
T2a1a4
血液と
T2c1b
宇宙と
T2c1a2
水と人体と
T2c1a1b
水分子の世界①と
T2c1a1a4
水分子の世界②と
T2c1a1a1b
水分子の世界③と
T2c1a1a1a1
薬という治癒と
IWIWF063094S1b
生活習慣病と
IWIWF063094S1a2
においと
IWIWF063094S1a1b
加湿オゾンと
IWIWF063094S1a1a2
無氷結と
IWIWF063094S1a1a1b
腐らない水と
IWIWF063094S1a1a1a2
突発性難聴と
MAgf2110038906S1
T2a2b
血管とリンパと
T2a1a2a
リンパと
T2a1a3a
人体は4種の
T2c1a1a2a
生命誕生と
T2c1a1a3a2
リンパ・他と
T2c1a1a3c
原子と細胞と
T2c1a1a3b1
骨と腎臓と
T2c1a1a3a1a
血管・細胞と
MIL83019S1a2
MIL83019S1a1a
MIL83019S1b1
団体・研究
T2a1a1b
免疫力と
T2a1a1a1
HOME
T2a2a1
東洋医療と
IWIWF063094S1a1a1a1a
白内障と
人体水分研究所
ご質問、ご意見、ご相談は、アドレス: info@jintaisuibun.com へメールをお送り下さい
人体にとって最も安全で安心な健康な免疫溶液となるよう研究を続けています
リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分
骨と腎臓と人体水分
原子と細胞と人体水分
生命誕生と人体水分
宇宙と人体水分
水分子の世界①と人体水分
水分子の世界②と人体水分
水分子の世界③と人体水分
薬という治癒と人体水分
免疫力と人体水分
血管とリンパと細胞と人体水分
水と人体と人体水分
血管と細胞と人体水分
item6c
item6b2
item6b1b
item6b1a2
item6b1a1b
item6b1a1a2
item6b1a1a1b
item6b1a1a1a2
item6b1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
リンパとそのはたらきと人体水分
血液と人体水分
人体は4種のアミノ酸と人体水分
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
白内障と人体水分
東洋医療と人体水分
薬の投与法と体内での動き 薬についての基礎知識 宇宙と 水と人体と 水分子の世界③と 薬という治癒と 生活習慣病と においと 加湿オゾンと 生命誕生と リンパ・他と 骨と腎臓と 血管・細胞と リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分 骨と腎臓と人体水分 原子と細胞と人体水分 生命誕生と人体水分 宇宙と人体水分 水分子の世界①と人体水分 水分子の世界②と人体水分 水分子の世界③と人体水分 薬という治癒と人体水分 免疫力と人体水分 血管とリンパと細胞と人体水分 水と人体と人体水分 血管と細胞と人体水分 リンパとそのはたらきと人体水分 血液と人体水分 人体は4種のアミノ酸と人体水分 白内障と人体水分 東洋医療と人体水分