リンパ系・皮膚・肝臓・筋肉

item12a

リンパ系と血管は常に相乗効果によって人体を健康に保ち、人体本来の持つ細胞増殖と細胞防衛の働きをしています。

特に血管と隣り合わせにリンパ腺が張り巡らされ、主要な臓器や視神経等集中する周辺の近くに多くのリンパ節があります。

血管が細胞増殖の為の成分を確実に運び細胞の維持を主な働きの目的としているのに対して、リンパは、人体へ影響するストレス等血管を通り抜けてくる細菌や異常な成分を吸収しリンパ節で濾過したり分解して防御するという目的を主な働きにしています。

血管とリンパ系との働きは、言わば正常な成分運搬と正常な防衛によって健康が維持されています。

item6
皮膚の構造

皮脂腺

皮脂腺と体毛は、細い管でつながっている。皮膚と逃避の皮脂腺は大きく、数も多い。

立毛筋

立毛筋は不随意筋で、寒さや恐怖に反応して収縮する。立毛筋が収縮すると毛嚢(もうのう)が直立して、鳥肌が立つ事がある。

表皮にある有棘層(ゆうきょくそう)にある細胞は、細いトゲを持っている。このトゲによって細胞同士がしっかりと結びついて、強い皮膚をつくっている。

皮下脂肪

真皮の下にある脂肪の層で、脂肪組織とも呼ぶ。脂肪は、体を守る断熱材として働く。

毛包

汗腺

細静脈

細動脈

筋層

線維性結合組織

表皮

扁平上皮細胞

有棘層

基底層

神経

この層では、細胞が常に分裂している。新しい細胞は表皮に押し上げられ、皮膚の表面にある死んだ細胞や使い古された細胞がはがれ落ちる。

汗孔

item10
肝臓の機能

肝細胞

肝臓で起こる化学反応は、何百個とある肝細胞のなかで行われる。肝細胞の中にはさまざまなオルガネラ(小器官)や酵素、貯蔵用の顆粒がある。肝細胞は胆汁をつくり、毛細胆管に分泌する。

肝小葉

肝臓は、肝小葉と呼ばれる組織が数千個集まったもの。肝小葉は直径約1ミリの六角柱の形をした組織で、中心静脈を心として、放射状に肝細胞が並んでいる。

クッパー細胞

類洞の表面にある細胞。微生物や死んだ細胞を処理する。

類洞

門脈の枝

肝動脈の枝

赤血球

肝静脈の枝

(肝小葉の中心静脈)

胆管

門脈の枝

白血球

脂肪細胞

類洞

類洞と呼ばれる空間は肝動脈や門脈の枝から出た血液を肝小葉の中心静脈に運ぶ。

リンパ管

肝動脈の枝

毛細組織を流れる胆汁は胆管に集まる。

item13
筋肉の構造
国際医学情報センター
メルクマニュアル医学百科
(財)東京都予防医学協会
item17

筋原線維

筋線維は、筋原線維というたくさんの細い線維が集まったモノ。謹厳線維は、収縮力のある2種類の筋フィラメント(太い糸と細い糸)から出来ている。

筋線維

糸のように長い細胞で、最長30cmにもなる。

筋束

筋肉を形作る筋線維の束。筋束は、電線で言えば被膜でおおわれたワイヤの1本1本にあたる。電線の被膜にあたるのが筋周膜(結合組織の鞘)

筋節

筋原線維野中にある筋フィラメントは、Z帯で区切られている。Z帯で区切られた部分を筋節と呼ぶ。神経インパルスによって筋節が短くなると、筋肉が収縮する。

筋上膜

筋上膜が筋束を包み込んで筋肉を形作る

筋周膜

毛細血管

Z帯

細い筋フィラメント

太い筋フィラメント

筋肉

リンパ節の構造
item4b

輸出リンパ管

フィルターにかけられたリンパは、1本の管を通ってリンパ節の外に出る。

動脈

静脈

被膜

リンパ節は、コラーゲンとエラスチン(いずれもタンパク質の一種)でできた繊維組織の被膜でおおわれている。

細静脈

細動脈

リンパ洞

リンパ洞の中ではリンパの流れが遅くなるため、マクロファージが細菌や組織片を取り込みやすい状態になる。

細網線維

網の目状に張り巡らされた線維がリンパ節の中野細胞を支えている。

リンパのながれる方向

リンパ球

T細胞

B細胞

マクロファージ

輸入リンパ管

リンパをリンパ節に運ぶ管

梁柱

線維組織でできたかべがリンパ節をいくつかの部屋に区切っている。

胚中心

感染が起こると、胚中心は活性化したリンパ球を送り出す。リンパ球はリンパ節の表面に移動して、抗体を産生する形質細胞になる。

IWIWF014420S1
item1a
免疫力は健康の要
T2a1a4
血液と
T2c1b
宇宙と
T2c1a2
水と人体と
T2c1a1b
水分子の世界①と
T2c1a1a4
水分子の世界②と
T2c1a1a1b
水分子の世界③と
T2c1a1a1a1
薬という治癒と
IWIWF063094S1b
生活習慣病と
IWIWF063094S1a2
においと
IWIWF063094S1a1b
加湿オゾンと
IWIWF063094S1a1a2
無氷結と
IWIWF063094S1a1a1b
腐らない水と
IWIWF063094S1a1a1a2
突発性難聴と
MAgf2110038906S1
T2a2b
血管とリンパと
T2a1a2a
リンパと
T2a1a3a
人体は4種の
T2c1a1a2a
生命誕生と
T2c1a1a3a2
リンパ・他と
T2c1a1a3c
原子と細胞と
T2c1a1a3b1
骨と腎臓と
T2c1a1a3a1a
血管・細胞と
MIL83019S1a2
MIL83019S1a1a
MIL83019S1b1
団体・研究
T2a1a1b
免疫力と
T2a1a1a1
HOME
T2a2a1
東洋医療と
IWIWF063094S1a1a1a1a
白内障と
人体水分研究所
ご質問、ご意見、ご相談は、アドレス: info@jintaisuibun.com へメールをお送り下さい
人体にとって最も安全で安心な健康な免疫溶液となるよう研究を続けています
リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分
骨と腎臓と人体水分
原子と細胞と人体水分
生命誕生と人体水分
宇宙と人体水分
水分子の世界①と人体水分
水分子の世界②と人体水分
水分子の世界③と人体水分
薬という治癒と人体水分
免疫力と人体水分
血管とリンパと細胞と人体水分
水と人体と人体水分
血管と細胞と人体水分
item6c
item6b2
item6b1b
item6b1a2
item6b1a1b
item6b1a1a2
item6b1a1a1b
item6b1a1a1a2
item6b1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a2
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1b
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
リンパとそのはたらきと人体水分
血液と人体水分
人体は4種のアミノ酸と人体水分
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1
item6b1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a
白内障と人体水分
東洋医療と人体水分
国際医学情報センター メルクマニュアル医学百科 (財)東京都予防医学協会 宇宙と 水と人体と 水分子の世界③と 薬という治癒と 生活習慣病と においと 加湿オゾンと 生命誕生と 骨と腎臓と 血管・細胞と リンパ.皮膚.肝臓.筋肉と人体水分 骨と腎臓と人体水分 原子と細胞と人体水分 生命誕生と人体水分 宇宙と人体水分 水分子の世界①と人体水分 水分子の世界②と人体水分 水分子の世界③と人体水分 薬という治癒と人体水分 免疫力と人体水分 血管とリンパと細胞と人体水分 水と人体と人体水分 血管と細胞と人体水分 リンパとそのはたらきと人体水分 血液と人体水分 人体は4種のアミノ酸と人体水分 白内障と人体水分 東洋医療と人体水分